サザエさん市場

石田 鯛造       フネの兄。長男。静岡の田舎で農業をしている。よく磯野家にお茶を送ってくれる。
石田 おこぜ
       鯛造の奥さん。子供は、男2人、女2人。

No5011,5012    カツオとワカメが夏休みに2人だけで泊まりにくる。
              ヤギを飼っていて親ヤギはサザエ、子ヤギはタラと名付けている。
              子ヤギでもらってきたとき、あわてんぼうで、おこぜがサザエさんみ
              たいだと言って、鯛造がサザエと名付けた。

フグ田ノリオ      マスオの兄の息子。大阪の下町に父、母、おばあちゃん(マスオの母)で暮らして
               いる。お金にがめつい。また、花沢さんにほれている。小学校6年生。

マスオの母        マスオの母。すでに夫は死亡している。タラちゃんに会うためにたまに上京してくる。

フグ田サケオ夫婦    マスオの兄。長男。マスオに比べて太め。奥さんは、ノリオの子育てで苦労している。

     No5074    ノリオは、一度寝たら絶対目を覚まさない。 

     No4871    マスオの母(ノリオのおばあちゃん)は、花園咲子というペンネームで「母恋しぐれ」
               という小説を書き、サザエに伊佐坂先生に見てもらうように頼む。先生曰く、「今ま
               でも小説を送ってきていて、箸にも棒にもかからない」と批評。   

磯野海平         波平の双子の兄。髪の毛は2本。福岡に住んでいて、たらこをよく送っくれる。
                一人娘にカオルがいて、すでに結婚している。マコトという人と東京駅で結婚
                式を挙げた。(原作での話)

     No4777    福岡の中洲の屋台でよく飲んでいる。